フィルムでのんびり

それぞれに思い出はあって

近鉄奈良駅近くにファッションビル「ビブレ」がある。
その店も今度の日曜日を最後に閉店となるらしい。
20数年続いたと思う。
その前は確か「ニチイ」だった。
子供の頃、母親に手を引かれて「ニチイ」へ行った記憶が微かにある。
なによりも鮮明に覚えているのが、当時、軍服姿で足元はゲートルだったか、そんな人が
道に座り、ハーモニカかピアニカか、あるいはアコーディオンだったかを演奏していた。
多分片方の足は包帯。前に置いてあった空き缶には小銭が少し。
当時の私は恐らく4歳か5歳。
ものすごく強烈な印象を受けた。ずっと見ていたい興味、でも反対にちょっと怖い。
その男性を見た時間なんてほんの数秒だったような気がする。
その男性の演出なのか、それとも本物なのか分からないけど、あの姿と男性の顔は私の記憶に
残ったまま。

やきもの仲間には奈良出身の者も数人いて、彼らは30代前半。
ビブレ閉店の話をしたとき、彼らにとってそこは青春の場所の一つでもあるらしく、
なんかショックだな~と言っていた。
私にはビブレの記憶は殆どない。出来た頃はもう京都で下宿していたから。

それぞれの思い出や記憶を残してその場所が今後どうなるかはまだ決まっていないらしい。

CONTAX Aria / planar 50mm f1.4 / FUJICHROME Velvia 100
奈良・ビブレ内・スターバックスにて
セピア変換もよかったけどせっかくポジで撮ったのでそのまま(^^)
b0251052_2098100.jpg

[PR]
by chomo-vidrec | 2013-01-14 20:12 | Aria